理学療法士(PT)求人について

理学療法士とは

理学療法士は、身体的回復を図るリハビリテーションに纏わるコ・メディカルであり、国家資格のひとつです。扱う分野は、加齢による機能障害から新生児の発達障害、内科から外科、難病に至るまで多岐に亘っています。治療方法は、運動療法と物理療法の2つがあり、運動療法は、関節・筋力回復トレーニングや歩行訓練など、物理療法は、温熱、寒熱、水、光線、電気刺激などがあります。治療にあたっては、医師の指示のもとに行われるコ・メディカルですが、他のコ・メディカル従事者(作業療法士、看護師など)との連携も頻繁に行われます。理学療法士は、おうおうにして作業療法士と混同されがちです。理学療法士がリハビリテーションにおける基本的動作の回復を図るのに対して、作業療法士は理学療法後の応用動作の能力回復、主に社会復帰のための日常動作の能力回復を図ります。上記のように扱う分野は多岐に亘りますから、仕事の現場もまた多くあります。病院(内科、外科、整形外科、放射線科、消化器科、呼吸器科、リハビリテーション科、脳神経外科など)、スポーツクリニック、特別養護老人ホームなど多岐に亘っています。また対応も、入院対応、外来対応、個別対応、訪問と、多岐に亘っています。

理学療法士の給料

理学療法士という職業があります。この職業は、大病院等で、長期間入院していた患者等に対して、固まった足や腕等を元の入院前の状態に少しでも近づけるように運動の補助をしてくれる職業です。小規模な医院等には、まずいません。この資格を取得するには、四年制大学では足りず、六年制の大学に入りなおさなければなりません。そして、学生生活も、それこそ勉強ばかりの日々で、アルバイトすらやらせてもらえないという話も耳にします。
  ただ、この理学療法士の給料については、どの様なものなのか、あまり世の中にアナウンスされていない感じも受けます。この職業の給料ですが、思いのほか、薄給といったイメージが付きまといます。その理由は、多分、大病院の医師と同様だと想定されます。大病院の医師の場合、通常のサラリーマンよりは少しは良い待遇でしょうが、学会等には必ず行かなければ、最新の診療方法等を取得できないため、この学会への出席は必須だそうです。但し、全て自腹で行かなければならず、家計は火の車とも聞きます。理学療法士も、医師程ではないにせよ、関係する学会等への出席義務はあるそうです。無論、医師よりも給料は安いため、日々の生活は大変であろうと想定されます。

理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事内容は病気や事故が原因で身体が不自由になったり障害が残ったりした人や高齢になり身体能力が衰えた人に医師の指示によりリハビリテーションを行い運動能力が回復できるようにすることです。理学療法士は身体の構造を学びそれぞれの人にあうリハビリの内容を考えていくことが必要です。基本的な身体機能の回復である歩く、食べる、座るなどの機能の回復を行うために運動療法、物理療法を行い機能の回復をめざします。他の職業である看護師や作業療法士などの職業同士で連帯して改善を目指していく事が必要になり他職種の人との円滑なつながりを作ることも大切な役割です。一緒に働く他の職業の人とのつながりが大切になります。勤務先は主として病院ですがリハビリテーションセンターや老人ホーム、障害者施設などの福祉施設などが勤務先になります。理学療法士になるためには国家試験に合格する必要があります。受験資格を得るためには大学や短大専門学校で3年以上学び所定の課程を修了しなければいけません。高齢化社会に伴い理学療法士は多くの場所で必要とされており今後も必要性は高まっていく職業です。デイサービスセンターなど地域に密着した活躍が期待されます。